RESOLUTE 710のサイズ選び 〜スタッフ大井編〜

サイズの選び方ページです

スタッフ大井(身長168cm 体重58kg)がリゾルトの代表モデル『710』を穿いてみます。

マイサイズのW29×L29を着用します。
初めて穿く方はボタンを閉じるのに少し苦労します。『ボタンは下から順番に留める。』これが基本でございますのでファスナー同様、ボタンフライの場合も下から順に。
また、ボタンを閉じる際はボタンの裏側を親指で押さえて押し込むようにするのがコツです。


ボタンを閉じるのに集中していると、少しウエスト位置が下がってくるので一度グッと上に持ち上げて再度トライしてみてください。


穿いてみるとシュッと細身のスッキリしたシルエット◎
ぴったりと余りのないフィット感で初めは少しタイトに感じるのですが、ここから約1インチ(2僉膨伸びるのでご安心ください。


バックシルエットもご覧の通り、ジャストフィット。
このヒップラインこそリゾルトらしい綺麗なシルエットなのです。


シルエットはご覧の通り。
シュッと、細身のストレートで美シルエット。


長さはお好みですが、クッションがない程度に少し短めに穿くのがリゾルトらしいスタイル。
その方が実際に脚のラインがスッキリしていて綺麗に見えます。ですのであまりクッションを持たせて穿いたり、2回ロールアップして穿いたりはあまりオススメしていません。
ちなみにレングスサイズは29を着用。穿き込むにつれて膝の裏にシワが出来て、パンツの裾が約1cmほど上に上がってきますので、それも考慮してください。
また、ロールアップの有無もレングス選びにおいて重要なポイント!


ここで一つ注意点があります。太ももが張っている場合は、一度しゃがんでみましょう。
私のように太ももが太い方やスポーツ体型の方はウエストよりも太ももでサイズ合わせをしなくてはいけないので、このようにしゃがんでみると自分の適正サイズが分かりやすいですね。




しゃがんだ時に太ももにシワが無ければサイズが小さいというサイン。デザイナー林氏曰く、「しゃがんでみて太ももに全くシワが出ないのはNG」だそうで、ふくらはぎも同様です。
この場合、少しシワが入り太もも部分の生地をひとつまみできる余裕があります。ですのでこのサイズ選びで大丈夫ですね。


試しにワンサイズ下げたW28を穿いてみましょう。
マイサイズW29のぴったりジャストの着用感と言うよりかは、タイトなフィット感でパツパツという感覚。


気になる太もも部分も余裕が無く張っています。
これでは綺麗なシルエットとは言えないですね。。


しゃがんでみてもシワが入ってないので、このサイズでは小さいということですね。それに加えてウエスト部分のボタンフライも少し開き気味で見た目もイマイチ。


以上のことから、私大井(身長168僉体重58圈砲離泪ぅ汽ぅ困W29×L29となります。


店頭でたくさんご試着いただきマイベストサイズを見つけてくださいね。

ウェブショップでお買い上げの場合も、サイズ交換が可能ですので気軽にご相談下さいませ。

リゾルトのジーパン、思う存分お楽しみくださいませ。

〜商品ページはコチラから〜
『RESOLUTE(リゾルト) 710 デニムパンツ W26〜W34』
『RESOLUTE(リゾルト) 710 デニムパンツ W36〜W40』

関連商品 横にスクロールできます。

PAGE TOP